[ お知らせ,仕込み,蔵の活動 ]

【2021年の仕込み】と【お知らせ】


まず初めに、

最近Twitterちゃんと動かし始めました。

→(@ryugu_tomita


2月です。早いですね。
あっという間。。


国産米を黒麹造りし、沖縄各島の黒糖を溶かし仕込み、
2021年最初の製造も例年通り順調です。



唯一、蔵内温度が例年よりも低かったせいか甕内の醪温度が理想ほど上がりきらず少し手のかかる環境でもございました。



その醪達もあっという間に発酵期間を終え、甕内で発酵を続ける醪の管理をしながら、発酵期間を終えた醪達から順に蒸留を迎えています。


例年通りの順調な製造、とは真逆に

全国的な緊急事態宣言下、飲食・お酒・焼酎を取り巻く環境は益々厳しかったであろう、耐えるスタート月でありました。


鹿児島県も独自の緊急事態宣言。

飲食店への時短要請を出し、対象エリアに奄美市も含まれたことで屋仁川の多くの飲食店は夜の営業を止めテイクアウト・お弁当に切り替えています。

こうなってくるとお酒・焼酎は非常に厳しい。1杯、2杯ではなく 0 でしかありません。

保障の内容や対象エリアに対しても思うところもありますが、嘆いたところで仕方ないので『耐えていかねば』、といったところでございます。


【蔵見学】について、


今月は蔵見学の受入はお断りすることにしました。 

ご予約の方やツアー等もキャンセルとなり、現状そもそも来蔵者がほとんど居ない状態です。

また稀にメール・お電話で見学のお問合せ頂くこともありますが、
島内の飲食店、特に近隣の屋仁川の多くの飲食店が休業している中、蔵としても島内の状況を優先、感染が拡がらないことに協力していきたいと考えています。

再開に関しては全国・島内その時々の状況に応じ判断をしていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。



長くなってしまいましたが、

最後に1つご報告を。

造り製造は例年通り行い、出荷・販売は耐え忍びコロナが過ぎるのを待つのみ、
といった現状ですが、その間、新たな取り組みを始めることにしました。

以前からお付き合いのある【フィオーレ】のヒロさんから、ピザのテイクアウトを受け取りに伺ったタイミングでお声掛け頂き、


【米作り】
はじめます




【フィオーレ】は島のお野菜やそのソースなどを使った美味しいイタリアンのお店。

オーナーであるヒロさんは奄美では数少ない水田の残る
【秋名・幾里】集落で、持続的に米作りが出来るよう 【稲作保存会】として除草剤や農薬など使わず、自然な農法で米作りに取り組んでらっしゃいます。

僕らも一緒になって出来たらと今回お手伝いさせていただくことに。


製造の合間、少しづつ苗床造りや種植え、畔を塗ったりと楽しみながら活動しています。



今期はまだ難しい判断ですが、いずれ奄美産のお米を使い
米麹、焼酎を造りたいですね。

焼酎造りの観点から米造りへアプローチ、模索していくのも
面白そう。

麹米も黒糖も、貯蔵容器なんかもいつか全て
奄美産原料から酒造りできたら。

今回はその第一歩というわけです。


他にもいくつか新たな取り組みが計画、進行中です。

コチラはまた改めてご報告させていただきます。


最近はマメに更新するようになってきました。。↓↓↓

最新の情報は

Instagram
( https://www.instagram.com/ryugu_tomita/?hl=ja )


Twitter

@ryugu_tomita


ぜひチェック、フォローよろしくお願いします。

Read more »
[ お知らせ,その他,蔵の活動 ]

あけましておめでとうございます

遅ればせながら

あけましておめでとうございます。



去年春頃から変わらず繰り返される感染者数の報告や
拡大してる状況、飲食業を筆頭に影響を受ける業界に対しての報道

流れてくる情報に感情を揺さぶられ

奄美にいても飲み歩くことを躊躇ってしまうような、
そんな年末年始を過ごしておりました。


まあそれでも飲みに出歩かない分、日中、家族や親戚と過ごす時間が増え
一緒にご飯食べたり、外で子供たちと走り回ったり

お墓参りに行ったりとそれはそれでのんびり身体を休めながら

健康的な正月休み、良いリフレッシュになったりもしています。

先の見えない状況に、仕込みでは今年の製造数量・スケジュールに悩むところですね。

貯蔵用タンクが少ないので、

『造っても受入れるタンクが無い!!』
そんな状況は絶対に避けないといけないんですが

『熟成が足りない!これじゃ瓶詰めできない。。』
といったことも起こりうるので、製造間隔にも気を使わなければいけません

造ったそばからすぐに商品化できれば随分楽になるんですけどね。。

そうも言っていられないので社長とも話し合ったり
これまで必要としなかったことを改めて考えなければいけない
良い機会になっています。

今日から、2021年製造開始です。


期間中も短い間隔で連休を作ったりして断続的だったりしますが

ひとまず7月下旬までの期間、美味しい龍宮をお届けできるよう
造りに励んでいきます!

この時期は「気持ちの良い晴天」そんな日はほとんど無いんですが
今年は例年以上に荒れており、奄美にも全国的な寒波の襲来

船は止まるし115年ぶりだった2016年以来の降雪も確認されるしで
寒さとコロナと重なりなかなか厳しい年始め、造り始めとなっております。

蔵の裏にある『らんかん山』の広場

しかし、充実した日々の先にある明るい未来を見据えて

頑張っていきますので
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

Read more »
[ 仕込み,蔵の活動 ]

9月-10月、本年5仕込み目を終えました

およそ2ヵ月ぶりに再開した2020年5仕込み目の製造も、
先週土曜日の10/10に最終蒸留を無事終えることができました。


製造間隔が空いたことで身体がリズムを思い出すまでどこかぎこちなく。

造り関係なく毎朝の神棚の手入れ、榊の水替え、ご挨拶。



「当たり前のこと」を「当たり前」に繰り返せていた、
これまでの有難さみたいなものを実感しますね。

※ 語彙力が乏しい…(笑) 
継続している方が性に合ってる、ということをお伝えしたかった。。


その間2つの台風そして実家近くでは10棟以上に被害の出た大規模な火事と
造りとは全然関係ない身近なところで立て続けにトラブルが発生。。

蔵に直接被害は無かったので一安心ですが、心配事は無いに越したことないですね。


出来上がった新酒は、出来たてのガス感を全体に纏いながら
麹香とミネラル含んだ淡い黒糖の味わいに甕グセの混ざりあった
複雑な印象のお酒となりました。


これから少しづつ新酒特有の粗々しさは落ち着き、
手入れし油分を調整しながら、熟成を経て世に出ていきます。




来年の夏頃ですかね。その頃は一体どんな情勢なんでしょう。

Read more »
[ お知らせ,蔵の活動 ]

【蔵見学 再開延期】


「7月後半~8月初めには1度再開する予定です」

と、お伝えしたのが先月の投稿。


6月後半は『やんご』にも地元客を中心に7割ー8割客足が戻り、満席で入れないお店もあるなど、徐々に以前の活気が戻ってきたことを実感していました。
観光の客足も戻れば、いよいよ夏本番!と、思っていた矢先。。

鹿児島市内でのクラスター発生。東京を中心に連日感染者が増加。

『やんご』も緊張感が再び高まってきました。


7月に入ってからは街を歩く観光客の方、海水浴場や居酒屋さんでもよく見かけ、
蔵にも見学のお問合せ、購入で訪れる方、確実に増えてきております。


せっかく興味を持ってご連絡をしてくれた方々に対し、大変申し訳ないのですが現時点の状況を踏まえ当分は
『見学対応不可』が最良だと判断し、



【蔵見学はもうしばらく延長】

【蔵での試飲・焼酎の購入も対応致しかねます。】



蔵見学や諸々の再開は今後の動向を追って改めてご案内致します。
ご理解の程、宜しくお願い致します。

Read more »
[ お知らせ,蔵の活動 ]

【 蔵見学について 】


いよいよ全国的に移動の制限が解除されそうな来週6月19日。
奄美では運休していた航空会社スカイマーク・ピーチも同日より本格的に運航再開が決まり、いよいよ夏の観光シーズン、奄美に観光の方々が戻ってきそうです。


全く出歩いてる姿がなかった4月5月の島の歓楽街『やんご』にも6月に入りようやく人が戻ってきた印象はありますが、とはいえコロナ前に比べると減っている現状。当たり前ですがやはり観光客が減っている分、飲食店さんは島内需要だけで以前の数字に戻すことは難しいですよね。

海外旅行から国内旅行にシフトする人達がいることを思うと、今夏はそれなりの観光客数になる、というかなってほしい願望はありますが(再開未発表のJAL次第)、中長期的にマイナスは続きそうなので、従来と別の方法で売上を上げる必要があると思うんですが、どうなんでしょ。



さて、蔵見学の受入についても、そろそろ決めねばという時期になってきました。現時点では
『 7月中旬まで 』 は受入お断りとさせていただきます。
現在、蔵は製造真っ最中。7月中旬までは今製造が続きます。
万が一、感染してる方を受け入れ蔵の者にうつすようなことがあった場合、やはり少人数で稼働している蔵だけに、影響を考えると今製造期間中は当然の危機回避として見学受入お断りと致しました。
従来であれば案内する蔵人一同、やはり発酵している『醪』の実物を見て、嗅いで、蔵内で聞こえる音など現場でしか体感できない、製造期間中しかできない体験を感じてほしく、僕個人としても見て知ってほしい想いから見学の方々を受け入れてきましたが、そこの再開はもうしばらく先延ばしとさせていただきました。



再開の日取りは改めてお伝えしますが、製造休止期間の7月後半~8月初めには1度再開する予定です。


日々いわれる第2波・第3波の懸念、昨日は鹿児島県で11例目がでたこともあり、モヤモヤ思う部分もありますが、引き続き前向きに、やり続けていきましょう!

Read more »
[ 仕込み,蔵の活動 ]

【製造再開】と【緊急事態宣言解除】


国の緊急事態宣言が解除されましたね。


日頃、当蔵のお酒を取り扱ってくれてる飲食店さんからも営業再開の知らせが
チラホラ届き始めました。
嬉しい。


第2波・第3波の影響も考え飲食店再開に否定的な声もある、との情報もありますが、、
どうなんでしょう

‶夜の繁華街″・‶夜の街″
この表現もどうなんでしょ。

6/5現在、感染者が増加傾向であることは間違いないですね。


造ったお酒、焼酎、作品をより魅力的に。お披露の場であると、飲食店さんをそう表現する酒屋さんや造り手がいますが、僕らも同様です。

これまで飲食店さんが蔵にとって最大の発信の場であったことは間違いありません。


実際、飲食店さんの営業自粛と連動するように蔵のお酒の動きも鈍化し、

地元奄美や全国の飲食店さんに日頃どれだけお世話になっていたのか、発信してくれていたのかを改めて実感する機会になっています。


【 緊急事態宣言解除 】には
これまでの、コロナ以前のような飲食店さん達への‶希望″・‶期待″と

従来通りには戻らないであろう今後への‶不安″が混在しています。


100%の正解が掴めない、正解の基準も日々変わる状況下、それでも自店を守る為、雇用を守る為に営業を再開し、だけど従業員そしてその家族への感染リスクも考慮しないといけない

この狭間で飲食店経営者、そして従業員の皆さんは悩み、頑張っていると、そう思っています。

そんな人たちに対し否定的な感情、持てませんよね。



希望を持って進みましょ。

僕らも6月1日 【造り】を再開しました。



当初の予定では夏までにもう一仕込み、の予定でしたが。

夏以降も景気動向次第で、どうするか、といった感じです。

移動の制限も大々的に解除されることも見越し、見学希望者の対応もそろそろ決めないといけないですね。

以前のようにとはいかずとも、

徐々に、少しずつ身近な処から回していきましょう。

Read more »
[ お知らせ,仕込み,蔵の活動,黒糖焼酎 ]

まーらん舟2020折り返し

4月ですね。
歓迎会や子供たちの入学式など賑わうこの時期なんですが、
いよいよコロナの影響が奄美でも表面化してきたように感じます。

今期製造『まーらん舟』の特徴なんかを、ツラツラ書きたいとこなのですが、

全国の飲食店さん・酒屋さんはじめお世話になっている方々、
島では観光業・飲食業の方々の苦戦の声に何かできることは無いかと、そちらを優先し、、
蔵で悶々と苦悩する日々です。



とはいえ、蒸留に向け蔵内の醪チャンたちは元気に発酵しております!
徳之島から届いた徳南製糖の黒糖の香りも蔵に充満し、蔵見学には最高のタイミングのはずが..



天気もめちゃめちゃ良くて、
外に出て子供たちとはしゃぎたくなる最高の奄美ロケーションですが、


まずは目の前の造りにしっかり集中し、皆さまの一日のお疲れどきやリフレッシュ時、昨今流行りのオンライン飲み会の場など
『おうち時間』のお供に、美味しい焼酎をお届けできるよう、やっていきます!stayhome!!keep on doing!!造りを止めるな!


引き続き【まーらん舟セット販売】も承っております!
感謝感謝で東京はじめ遠く北海道からもご注文いただきました。ありがっさまです。



【withコロナ】なる言葉も見聞きし、先行き全く見えない現状ですが、悲観的にならず非難ばかりせず、今できること、これからに向けて出来ることを精一杯やっていきましょう!

Read more »
[ お知らせ,蔵の活動 ]

蔵見学について


有難いことに3月に入ってからの1ヵ月、
いつも以上に蔵見学の方が増えております。

どうやら海外旅行の予定を奄美に変更してたり、
大都市圏で遊ぶ場が無くて奄美に来てる観光客はいっぱい、なんて噂も。

奄美での感染者が現時点では確認されていないこともあって、
島に訪れる方々には黒糖焼酎が少しでも馴染みあるものになればと
見学対応してきました。
が、そうも言ってられない状況となってきました。

有料にて承っている富田酒造場の蔵見学
この度、新型コロナウィルスの影響を受け
『見学内容の変更』をすることとしました。


通常500円有料制で、
原料を見て仕込み時は発酵の様子や貯蔵庫での説明など
富田酒造場の特徴を交えつつ、最後に試飲していただく流れでしたが、
当分の間、見学は15時からと16時からの1日2回。
蔵入口部から原料や甕を見ながら簡易的にまとめた大まかな蔵の説明をするだけの対応とさせていただきます。



見学の皆様には、事前に電話・メール・SNS各種DM等でご予約いただき、
蔵に入る際にマスクの着用とアルコール消毒を徹底。
蔵内の物への接触は禁止で、試飲も無しとさせていただきます。


写真の撮影は全く問題ございません。
上記の内容を通常の見学通り、
お土産付き500円の有料で承ります。


早ければ10分程度の内容に有料での対応。
この内容では正直見学の受入は当面禁止でいいかと考えましたが、
蔵に訪れる方と話すと、酒蔵を周る為に奄美に来ている方や黒糖焼酎好きな方、中には当蔵目掛けて来る方もいらっしゃいます。
そんな方の為に、表面上はほとんど受入禁止。
随分と短縮した、上記の内容でも良かったらお越しください。のスタンスで見学をお受けしたいと思います。



60を過ぎた社長や蔵に出入する叔父・叔母の、
万が一の為にも今回の『見学内容の変更』。

ご理解の程よろしくお願いします。

Read more »
[ お知らせ,蔵の活動 ]

ブログ、再開します。

ながらく放置状態であった今ブログですが、
およそ4年半ぶり?に再開することにしました。


というのも、
全国各地で焼酎・お酒のイベントが開催されるこの時期ですが
今年は新型コロナの影響で軒並み延期 or 中止。。



そこで、出張予定で空いてしまったその時間と
今年は少し余裕のある製造スケジュールを組んでいたこともあり、
使える時間が増えたので…
久しぶりに蔵のこと、奄美のこと
このブログで発信していこうというわけであります。


主に蔵での出来事や製造のこと、
商品紹介や今後の展望など、そのとき思っていること考えていること、
FBページの更新内容よりもなるべく濃いめに
綴っていく予定です!

のんびり不定期更新!

よろしくおねがいします

Read more »
[ 蔵の活動 ]

日本酒天国2013に今年も参加します。

image

全国の日本酒蔵・焼酎蔵・ワイン・地ビールが
持ち寄る酒の肴が更に魅力をアップさせます。
島からは、素揚げした魚・島豚・葉ニンニク・島の茶うけ味噌を炒め合わせを
手作りします。
お問い合わせ先
日本酒天国2013
http://eplus.jp/sys/T1U14P002106574P0050001

Read more »